マットヘルスでまさかの初体験 その2

しろうとギャルとエッチしたい方への無料レポート

無料お持ち帰りレポート

マットヘルスでまさかの初体験 その2

マットヘルスの常連になり、いつものようにお店でプレイをしていたそのとき、なんとついてくれた嬢が、騎乗位素股の際、実際に入れてしまったのです! これには私は言葉を失いました。勝手に、私の童貞を奪われてしまったのです…

 

 

 

呆然としている私をよそに、彼女は一人で喘ぎ声をあげています。今ではもう騎乗位ではなく、私に倒れかかってきて、抱き合っているような形になっています。

 

 

 

もうこうなったら覚悟を決めるしかありません。私は下から、彼女のアソコを思いっきり突き上げてやりました。

 

 

 

ですが…残念ながら、入っている感触があまりありません。ローションでヌルヌルだからなのか、何が原因かわかりませんが、とにかく締めつけ感が全然ないのです。正直、こんなもんなのかな、と思いました。

 

そうこうしていると、ぬぷっとアソコからオチンチンを抜き取られ、フェラをされました。フェラはかなり気持よく、すぐにお口でフィニッシュしてしまいました。

 

 

 

結局私の童貞喪失は、マットヘルス嬢と、という形で終わってしまいました。帰り道のさなか、なんとも言えない感情が心に渦巻きます。嬉しいような、悲しいような…

 

 

 

私はこうなったらもう一度あの嬢に入って、そしてもう一度してやろうと思いました。ですが、しかし、写真指名して嬢に入ったのもつかのま、彼女の言葉に絶句しました。「子の店、初めてですかー?」

 

最悪です。彼女は客の顔なんて覚えていないのです。悲しみの中、マットプレイに見を沈めた私だったのでした…